あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

まさか・・・! 治らない原因をつくっていたのは・・・?

何度もブログに書いていることだが、私はいまだに脳出血後遺症で悩んでいる。そして、京都で開業されている小村カイロプラクティック・オステオパシーで、つい先日も施術を受けてきた。

その甲斐もあり、かなり好転してきて、聞こえやすくなりつつあるのだが、あともう少しで脳から「yes」とゴーサインが出そうなんだけど・・・まだ・・・と焦る日々が続いている。

皮膚などの細胞が傷ついたときの修復は早いのだが、神経細胞、特に脳細胞にダメージを受けたときはさすがに、時間を待つしかない。

だが、なかなか治っていかない原因を作っているのは、もしかしたら「この状況を楽しめていない自分」なのかもしれないということに気付いたのだ。

もともと自分には、くそまじめな一面があり、今はこの治癒過程の妨害となっているのかもしれない。

治っていくことばかりにフォーカスしすぎず、そこは気にせずに楽しく生活をすればいい。

スポーツ界や各種指導者の方が、「楽しめているか?」というフレーズを聞くことが多い。

だが実のところ、人生、生活、仕事などシリアスな物事について、真に「楽しめているか??」という問いに対しては、多くの方が楽しんでいる「フリ」なのじゃないかなと思ってしまう。楽しむ暇なんてどこにもないと怒ってしまう方も沢山いるだろう。

私自身、真に楽しめているかどうかの「基準」は、「心から」「嬉しい、楽しい、大好き、ありがとう、幸せ、最高」などの肯定的な言葉が自然と口から出て来ることなのだと思う。

治る、治すことはさておき、毎日の日々をお陰様で!と感謝を持って送れれば自然と答えが返ってくるだろう (^^)

そういう意味では、脳細胞のシナプス結合の新ルートをどんどん作っていって、会話することを怖がらずに笑いながらできるようになれば、脳の「聞こえ方」のスピードが上がるかもしれない。

今回の私のように、普段は施術をしている者が「聞こえなくなって」経験した立場の違い、「施術者」が「患者」になった場合にどんな変化が起き、そしてどんなことが自分の完全復活に必要なのか?考えるほど楽しみでワクワク感が止まらない。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: まさか・・・! 治らない原因をつくっていたのは・・・?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://qtopia.jp/room/mt-tb.cgi/315

コメントする

院長紹介

inntyo.jpg

オステパシー&ホリスティックセラピー

Qtopia癒療院 院長 木内たかお

banner05.png