あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

プライベート

横浜マラソン2018に出場しました

10月28日(日)横浜マラソン(フルマラソン42.195キロ)に出場し、完走しました。

前回は2年前で4時間16分。市民ランナーが目指す方が多いのはサブ4(4時間以内)なので前回は届かず。今回は脳出血の後遺症がまだあるため、せいぜい完走レベルで無理はしない程度で参加した。

今回出場して感じたことは、ボランティアのスタッフの存在のありがたみだった。私はいまだに耳では聞こえるものの、理解の弱さは否めない。書いてあることはわかるため、「書いていただいてもよろしいですか?」と断りを入れないと通じないのだ。

その中で担当してくれた方が親切にスタートまで面倒を見てくださり、本当に助かった。また、沿道にいらっしゃる方々の声援がとても嬉しく、エネルギーをいただきました。個人の記録くらいしか今まで気にするものがなかった者が、今回は状況だけに、楽しんでの参加に切り替えたのだ。なので今回のタイムはは5時間強だった。

ゆっくり走れたぶん、コースでのポイントはわかってきた。来年は脳の回復はさらに進んでいるので、来年は何とかサブ4で完走できる喜びに浸りたいと思う。

20181030 819.JPGのサムネイル画像20181030 820.JPGのサムネイル画像20181030 831.JPGのサムネイル画像→【丸い方が昨年中止になったメダル。四角い方が今回18年の参加メダル。】

朝方の嬉しい出来事

あまり早朝から心が躍るようなことはないのだが、早朝にランニングからの帰り道、信号待ちをしていると、車が私の横にとまった。

むむっ?何?用?と思ったら

「あのう・・・あざみ野駅はどう行けばよいのでしょうか?」と道を尋ねられた・・・

今の私は、正直言うと聞こえにくい、しゃべれないからパスしたくなったのだが、なぜか行けそうな気がした。

しっかり話をして場所を説明することができたのだ。それは、うまくそのことができたかどうか?はともかく、「社会のひとかけら」として機能したことは心の奥底から湧き出るような喜びが感じられた。

健康な方には縁がない話でしょうが、自らの不自由な体験から得る喜びは、計り知れない。

これから夏に入り、夏の終わりころには自分の後遺症の経過が変化しているといいのだが。

因みに、病院へ通っていたリハビリを来週には卒業する予定である。

あり?/なし?面白通販グッズ

特急や新幹線の座席に必ずある「あの通販カタログ」を暇つぶしに見ていると「どうなの?これ?」というグッズがある。多分特にウケを狙った訳ではないとは思うのだが・・・

ちなみにこの商品「撥水加工」と書いてある。ということはこれを着て屋外か・・・?はたまた宇宙?

 

002.JPG

久々の「日曜大工」

11月18日(日)。二日後(今日)に迫った息子の誕生日に向け、妻が仕入れてきた情報をもとにプレゼントに「子供用キッチン」を作ることになった。子供の集まりで息子が目を輝かせて遊んでいたのがキッチンだったそうなので。

独身の頃は結構色々なものを作っていた。手先は仕事柄、器用?な方だと思っている。特に木で作るものは その木の材質、硬さ、節などを考えて「感じて」作るのでオステオパシーをやるにはとても良い訓練になる。

出来上がったキッチンで早速遊び出すと目をキラキラさせて喜んでいた。

売られている高いおもちゃもいいが、両親が心をこめて作ったものは思い出にもなるのかな?とも思った。005.JPG送る側も気持ちがいい。

息子よ二歳の誕生日おめでとう!!

院長紹介

inntyo.jpg

オステパシー&ホリスティックセラピー

Qtopia癒療院 院長 木内たかお

banner05.png