あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

自律神経、ホルモンバランス等の施術

自律神経の過緊張アンバランスは非常に長い間、多くの方々を悩ませてきた分野だ。私が駆け出しの頃、カイロプラクティックとオステオパシーの両方から勉強をし始めており、頭蓋骨・脊椎・仙骨に施術し、緩めたりバランスをとったりする技術を磨いた。自律神経のバランスをとるには、脳~仙骨間を流れる脳脊髄液と、それを守る硬膜の問題が関わっている。

自律神経に関わる症状で多いものでは、アレルギーと痒み急ぎ過ぎ、めまい、たちくらみ、人が大勢いる中でじっとできない、不眠、耳鳴り、頭鳴、胸の締め付けられ感、頻脈、脈が飛ぶ、息苦しい、手足の冷え、多汗、気候や気圧の変化に弱い、咳がよく出る、頻尿、内臓(特に消化器系)、便秘・・・等。

自律神経を整えたい方は、当院で施術を受けるともれなく自律神経へのアプローチもすることになる。

また、新しく導入した器械のブレインパワートレーナー脳、自律神経、目に対して非常に良い結果が出ている。さらに、脳との関係でホルモンの変化もある。婦人科系臓器の変調、月経前症候群(PMS)、甲状腺機能低下や亢進、自律神経アンバランスに対して、オステオパシーでも変化は出る。ブレインパワートレーナーも活用すれば、さらに良くなる可能性大。私も「飛蚊症」で悩んでいたが、ブレインパワートレーナーを数回かけているうちに飛蚊症が無くなっていたことに気付いた!その後の再発も無い!

ブレインパワートレーナーは、冷え、のぼせ、多汗、冷房好きをはじめ、緊張して力が抜けない内臓の機能、低血圧、高血圧、体臭、イライラする、せっかち、几帳面、ピリピリとした性格など自律神経に関係する症状や状態は変わる可能性が大いにある。鬱の方も変化が見られるようだ。笑えなかった方でも、表情が弛んだり笑顔が出て来ることが多い。

そして、ブレインパワーをかけると眠くなる方が多い。実際眠ってしまう方もいらっしゃる。緊張→リラックスとなるからだと思う。

花粉症と言えば・・・

花粉症の方にはこちらを読んでいただいて対処していただきたい。症状の出ている鼻、目が問題ではないのです。

多くの花粉症の方は「が問題」なのである。

当院では、フィシオエナジェティックという、質問に対しyes/noを「身体に聴く」筋力検査を使って、腸内細菌・腸粘膜・腸免疫のどこが問題で、身体にとって何が必要なのか?を調べる。きちんと調べて実行なさった方は、それまでこの季節が憂鬱だった方でも楽に過ごせている。毎年の春がラク!!と喜ばれます。

薬と身体との相性も聴けるので、花粉症に対しては薬しか頼らない!とお考えの方でも、ご自身とその薬との相性を知ることができますので「結果が出ますよ」

何年も薬の方は、身体の治癒力を充分に発揮できない。フィシオエナジェティックで調べると、どれだけ薬に頼って治癒力が弱まっているかは、必要なサプリメントの数と量が証明してくれる。

受験の季節ですね(^^)

この季節は学生さん・保護者の方々にとってはナーバスな時期。当人・保護者・周囲の方も気を遣う。ぐっすり眠れない方、内臓が落ち着かない方、メンタルのバランスが乱れている方等、多数いらっしゃると思う。当院にも中学受験に挑む方がいらしている。

今年から取り入れた「ブレインパワートレーナー」で、自律神経のバランスを取って良く眠れた方もいらっしゃる不眠、浅い眠りの方で変化を実感されている方もいらっしゃる

ブレインパワーとオステオパシーで不眠を乗り越えた方が今年に入って増えてきているので、嬉しい限り。

2019年から導入しました「ブレインパワートレーナー」

年頭に皆様に嬉しいニュースがあります。それは、「ブレインパワートレーナー」の導入です。

機械を使った「脳」の施術でありますが、非常に機能の高いものです。私も含めた家族が既に体験していて、まずは私が1時間を2回かけたところ脳の変化が出始めました。「聞こえやすく」なったのです。日に日に「聞こえやすく」なってきました。帰宅して妻が変化に気づき妻と「会話」していたのです。いや~これは嬉しかった。会話ができることがこんなにありがたく嬉しいことなのかと。嬉しいから毎日暇さえあればかけるわけで。まあまだやりはじめなので続報を綴りますね(^^)

Qtopia癒療院の妊娠・出産・産後のケア

不妊でお悩みの方、妊娠中のお腹の調整(逆子も含む)、産後の赤ちゃん、お母さんの状態の調整などにどれだけ結果を出してきただろう?

妊娠希望の方に限って言えば、一昨年は9組、今年は少なめの4組のご家族のお役に立てた。

今までの経験、結果を元に、より確率を上げて、幸せな家庭を作るお役に立てるように努めたいと思っている。

妊娠中の調整はできる限りした方が良いと思う。なぜなら、産婦人科医でも助産師でも「この時期には必ずこうなる」や、「このパターンは必ずこうなる」というような定説が無いからだ。例えば、わが家の長男の時は、予定日から3週間早く、2人目の長女は1週間遅く生まれた。私の知り合いの助産師さん数人に聞いても必ずこの周期にはこうなります・・・・というものがないと言っていた。だからと言って何もケアはしないという人もいるが、それは違うと思う。極力納得のいくケアをしてあげることが望ましいと思う。

当院であれば、お母さんの脳、頭蓋骨、頸椎、骨盤(仙骨も)、腰椎、骨盤隔膜、横隔膜を定期的にケアした方が良いと思う。オステオパシーの施術と術者は身体の変化に対して観察力は敏感。関節の緩み方、緊張の有無、肌の色、体温など妊娠中も産後も産科医から何も言われなければ、特別何もしない・・・というお母さんは非常に残念。毎日大きくなったり変化がある時期なので(特に後期になれば)妊娠中のケアはした方がいい。さらに、産後の調整は実はすごく大事なのだが、その重要性を理解している方は少ない。

産後のケアは早い方がいい。出産で子宮の軸がズレたりして強い痛みが持続する方もいる。病院だと痛みに対しては薬剤オンリーになるだろう。出産という大仕事をやり遂げて一段落だが、ホルモンのアンバランス、冷え、婦人科臓器の状態などを考えると産後の調整は非常に重要である。授乳姿勢が腰椎、股関節に与える影響まで考えると、もう少しケアをしてあげても・・・と感じる方も少なくない。状態の変化も人それぞれ違うので、当院では患者さんによって次回はこのくらいにチェックをしましょう!と必要な期間を告げる。

 

また、妊活期での私の施術で、伝家の宝刀と言っても過言ではない骨盤調整内臓特に小腸・大腸腸間膜根)は、足も含む下半身の血流・リンパの鬱滞の改善、骨盤隔膜と関節の調整など、腰椎と骨盤との関係など、出産、産後の調整を見据えて考えると母体だけ見てもこれだけのチェックポイントがある。しかし、残念なことに、病院や産婦人科、助産院には「手を使って」診たり施術をするスペシャリストの方は少ない。医師、助産師は「出産」には詳しいが、妊娠中の調整、産後のケア、赤ちゃんについては実は詳しく知らない先生が多い。以前、相当数の出産に携わっている大ベテラン助産師さんが「妊娠中は私の範囲だけど、赤ちゃんには全く興味ないわ」と看護師(助産師の卵)に言っていた!と聞いて、正直愕然とした。

生命に関わる仕事に範囲を限定するなんて私の価値観には無いなと感じた。

産後の赤ちゃんは出産の影響で頭蓋骨・骨盤・横隔膜(呼吸)がかなり締め付けられるため、うまく機能できていない子も少なくない。時間が経てば正常になるだろう!お医者さんも何も言っていないし・・・とおそらく多くの方がそうなのでは?赤ちゃんの股関節は3か月健診では問題ないって...という赤ちゃんで股関節の異常を何例も見つけている。呼吸がうまくできない子も同様。

Qtopia癒療院では「家族」の幸せをバックアップしたいと切に思っている。

産後すぐに調整できなかったお母さん、お子さんも、時期を逃したから調整できないということはない。チェックしていない子はそのまま残っていることが多い(横隔膜、股関節、頭蓋骨に残る出産の時の締め付け等。)ので、ぜひご来院いただけたらと思う。

TOP 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

院長紹介

inntyo.jpg

オステパシー&ホリスティックセラピー

Qtopia癒療院 院長 木内たかお

banner05.png