あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

大事なこと!  ~当院の施術の方向性について~

いわゆる治療院というのは世間に数多いとは思うが「その院の方向性」には随分と差があると思う。

揉んで欲しい」や「強い刺激が欲しい」という方は、当院の方向性とは正反対のため、意に沿えません

それだけではない、強い刺激は「身体を壊しかねない」とも言えるからだ。たまに・・・と言っても年に数件あるが、強い刺激の施術を受けて「余計痛くなった」という方がご来院されることがある。

また、「その方の要求に沿うことが治療院ではないのか?」という方もいらっしゃるとは思うが、それに応えるには身体がいくつあっても足りないというのが正直なところだ。

当院の施術の方向性でいえば「寛解」を目指している。「より良い状態」にしていくための施術である。

そしてここからが大事なこと。本来、自分の身体を治すのは「自分自身」である。そしてその「意識」こそが大事である。

その意識を持たれている方に対して、知恵(知識等)、力を貸して欲しいという要求に応えるのがプロの施術家である。

なので、「揉んで欲しい」はその時の要求かもしれないが、当院の目指している寛解のためにはそこに応えることが必要とは言えないのをご理解いただけるだろうか。表面的なことや一部分ではなく、全体を診ているのである。全体のバランスを整えるので、その場しのぎでない施術を求めている方には最適だ。

感じていることをお伝えいただけたり、変化をお話しくださるのは必要だし、疑問やご不明な点はお気軽にお聞きいただきたい。

またも降りてきた・・・

私はスピリチュアルに傾倒しているわけではないが、

ボーっとしている時に頭に入ってくることが

おそらく「降りてくる」と言われることなのだろう。

先日、「この2年で激動の時代に入る。いやもう入っているよ。

あっという間に半年が経っていくだろう。今までの価値は変わる・・・。」

と。

もっと長い文章だったが、大まかにはそんな内容だった。

客観的に言えば、そんな話はどこかのスピリチュアルさんが書いてることじゃん!と言われるかもしれないが、

この内容は私自身の中の私が言っていたことだ。

だから誰が何言おうが私は私。今後もそれは変わらない。

この5月以降は劇的な世の中の変化がある気がする・・・・・

「石」のエネルギーを遠隔で__

遠隔ヒーリングの需要が増えたことにより、だんだんにクライアントさんの要求レベル、難易度が高くなりつつある。

施術で寛解するものならともかく、それ以上のことを求められることもある。

最近遠隔ヒーリングをした中で、その方に必要なエネルギーを導くために、ある「石」を使った。

そして、その方は身体が軽くなった。

どんな石を、どこをどうするために使ったかは非公開になるが、クライアントさんの需要を満たすために必要だった。

当院には数多くの「」がある。

その「石の組み合わせ」と施術のエネルギーをどのように使うかで

症状、疾患、病状が変わっていく可能性が見い出せる。

今後も研究を深めていきたい所存である。術者のレベルが毎回試される。

なお、この話で重きを置きたいのは、「なんの石を使ったか?」と言う話ではない。

その身体の場所この石が「必要だった」ことがわかったうえで、

その方の身体に合っていることで初めて結果に繋がる。

どの種類か?でもないし、ましてやいくらした、どの店か?有名人の誰さんご用達のあの店・・・・と言う話でもない。

例えば筋力検査で、水晶が必要と出ても、石は人間と同じでそれぞれが別人で、個性・特性があり、それぞれ違う

綺麗な水晶なら何でもその方の望んでいることが叶うというわけでもない。

石にも「個性」があるのだ。

その個性を見極めたうえで、クライアントさんとの相性の合うものを導き出す。

石のエネルギーも活用して、更なる高みを目指したい。

最近、新たなエネルギーと変化を見出し、結果に繋がる経験をした!

それは、「ある石を上下に重ねて使用した際のエネルギー」に差が出たのだ。

私の研究では①石Bの上に石A、②石Aの上に石Bでは、エネルギーの出方が違うこともわかった。

また、平面の石を表裏を反対に置いた時にはエネルギーが異なることもわかった。

そのエネルギーをどのように使うことが望ましいことも見極めることが大事だと思う。

私は手技療法家なので、このことを施術で多くの方の身体に活用していこうと思う。

難しい疾患でも寛解に繋がる力が発揮できればそれに越したことはない!

もちろん石の使い手の私のエネルギーが大事なわけなので、自身の健康管理も気をつけなければならない。

パワーストーンと感覚の重要性

目に見えないものを好む方は多いと思うが、

やはり大事なことは、「感覚の信ぴょう性」と「結果」だと思う。

さて、パワーストーンに関しては多くのマニアの方が選ぶ基準は「石の好き嫌い」で決めている方が多いのでは?

または、「石の効果などの説明書き」を信じて選ぶ方が多いと思われる。

そして、実はその石のパワーを実際に感じることが出来ない方が大多数ではないだろうか。

当院の場合は「施術に必要な石」を、施術のアイテムとして使用する場合がある。

石にお願いしたり依存することなく、筋力検査で「この石の力が必要」な場合、

「この方にもう一押し」何か欲しい・・・などの時に使用する。

今まで、磁場の影響で、その部屋で作業や勉強するときにしんどい、

必ず頭痛が出るなどの症状の方に石を用いて施術したことがある。

その場合には、変化が非常にわかりやすい。

今の時代はパソコン、スマホが必須になってきている。

電磁波を気にしつつも、使わないわけにもいかないし・・・

そのような時には「電磁波防止」に役に立つ石を使うことを勧めることもある。

筋力検査で、「その人の身体に必要」と出るものをお伝えしている。

一般的に電磁波防止と言われている石でも、ご本人との相性が合っていなければ

効力をしっかり発揮できない。

そこで、

私はQtopia癒療院に「施術を受けにお越しの方」や「遠隔ヒーリングのご依頼をいただいた方」には特典を考えました。

特典1.お手持ちの石が、お身体に合っているか?筋力検査でチェックします。

特典2.お身体のどこに配置することで、より調子が良くなるか?チェックします。

もし、複数のご依頼で検査に5分以上かかるようなら、有料となります。(サプリメントに関しても相性チェックをしています

30分まで5,500円、それ以上は別途ご相談させていただけたらと思います。

また、引っ越し先の部屋、土地のエネルギーの浄化、配置する物や方法などは

一件当たり施術と同様の費用(5,500円)で承ります。

お金があること、富があることの違い

現在のような社会情勢が続くと、多くの方が心配するのは経済的なことになるだろう。

富=金という考え方は、果して本当にそうなのだろうか?

金銭的な余裕はあった方が良いかもしれないが、必要以上にお金はなくても

「値打ちのある生き方」は送れるし、とても大事な視点だと思う。

お金は増えるまで大変で、使うのは簡単であっという間に無くなるのは、多くの方が経験しているのではないだろうか。

ただ、その間にした経験、体験はずっと残る。

それが価値あるものであればその方にとって、数字のない財産にもなるはずだ。

例を挙げればきりはないが、私が以前インドのワンネスユニバーシティで体験した

「自分の中の自分」との会話の体験は、私にとっては「お金に換えられない体験」であった。

具体的に数字で表せば「一景円」でしょうか?そのくらいの価値があったと私は感じている。

次の体験は、現在進行中の脳内出血からの回復である。

ブログに綴っている内容は、今の回復の過程で感じたことを綴っているが、多くの医療従事者、脳内出血経験者、そのご家族、支援者にとっても非常に役に立てることだと思っている。

そう考えると、

お金がある、ないは小さなこと。

自分の価値をどんどん高めて、多くの人に伝えていくことが本物の価値に繋がると思う。

私は現在で二景円の価値の人生だと誇りを持って生きている。それはいずれは「富」になるからである。

傍から見ると大変な人生に見えるかもしれないが、私にしか経験できないことなので、

価値ある人生にするかどうかは自分次第とも感じている。

豊かな人生を歩める幸せをかみしめている。全てのものごとに感謝している。

TOP 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11