あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

サメ肌の改善

依頼者は学生さん。

どうもサメ肌が気になる。変わりますか?との遠隔ヒーリングの依頼だった。

サメ肌とは皮膚が粒粒のような感じになること。

私の経験上、皮膚体内の何かしらの問題、身体の不調和を教えてくれる傾向があることを知っている。

私自身は多くのことを知っているわけではない。

このサメ肌は、当院への依頼で多い「腸」ではなさそうだった。では筋力検査で「yes/no

を聴くと・・・「胃」の「粘膜」と出た。

粘膜が改善するには、胃全体にどんなエネルギーが必要かのか?を時間をかけて身体に聴く。

施術中にだんだんに粘膜が問題なくなっていくのを感じる。そしてもうそろそろ良くなってきたな?となったところで筋力検査で確認する。そして、依頼者にメールで聴いてみると「サメ肌は良くなっている!!」とのことだった。

不整脈が「それ」の摂取で落ち着いた?

依頼者の方は以前から消化器官(主に胃腸)に問題が起きやすいという主訴があった。

確かに定期的に施術を受けることで大きな問題は起きずにいたが、私はなにかまだスッキリ解消していないようなニュアンスを感じていた。

先日ご来院の際、不整脈があった時に「小腸」と関係があるのでは?というとこころまでは掘り下げることができていた。

今回、クライアントさんとの会話の途中に出てきた品名が「米粉(こめこ)」だった。朝食はどうしてもパンが食べたくて、小麦が負担になるということは頭でわかっていてもパンをやめることはできないでいた。そこで、米粉パンを自分で焼いてみようと思い立ち、一か月半ほど続いている、という内容だった。

小麦の摂取をゼロにはできなくても、摂取量を極力減らしてみると、不整脈が以前よりも落ち着いているようだともおっしゃていた。

そこでそのクライアントさんと「米粉」との相性を筋力検査でチェックしたところ・・・「非常に良い」 だった。

その旨を伝え、今後も継続して摂取したらどうでしょう?と伝えたら、とても喜ばれた。

小腸は「吸収」する働きの場所だから、摂取して食べ物の相性が良くないと「消化不良」が起こる可能性はある。

食事は「おいしい」ということがもちろん大事であるが、消化して吸収できて・・・と言うところまで意識できたら良いのかもしれないなとも思った。

この方の場合、小麦の摂取量を減らしたことで体調に変化があったが、小麦との相性が合っていないのに摂取して体調不良になっている人は多いと感じている。体調がイマイチなとき、小麦を減らして変化を感じてみるのもいいと思う。

遠隔施術の「エネルギーの感覚」を極めていくと・・・?

遠隔ヒーリング(遠隔施術)というのは、直接身体に触れない施術である。

遠隔地にお住まいの方、熱・体調不良などで来られない方は、遠隔施術を受けていただけるといい。

実は、直接ご来院の方の施術をしている時にも、その応用で、遠隔施術を脳にも使うことがある。当たり前と思われるかもしれないが、脳は頭蓋骨に守られていて、直接触れることができない。

だが、「脳のある場所」をエネルギー的に施術し変化させることは可能だと思う。もちろん脳細胞そのものは簡単には変わってくれないことを理解している。

私は、数センチでも離れていれば「遠隔」という表現をしている。ご来院の方に使う場合、表現としては「近隔」と言うのがいいのかもしれない(笑)

「遠隔施術」では依頼項目が極力達成できるように確率を上げている。

遠隔で「感じ取る」ことそのものの件数が多ければ多いほど症例数は増える。そして術者の感覚のレベルが高まる。

強いエネルギー

やさしいエネルギー

消えそうな弱いエネルギー

粗いエネルギー

硬いエネルギー

柔らかいエネルギー

細かいエネルギー

微細・微妙なもののエネルギー・・・

エネルギーと言っても様々あるが、より多種のことや症例を感じられれば、距離が離れていてもできる。

事実、『アラスカ』の方からの遠隔の依頼を受けて、施術後に依頼者の体感は軽くなっている!!

 

あくまで地球で生活する前提の話。

歯の矯正トラブルと当院の歯の考え方

このブログを愛読されている方なら「そういえばQtopiaさんは歯に関する内容がないわね・・・歯の施術はないのかしら・・・・?」とお思いだと思う。

実はそんなことはなくて、実際に歯の痛み歯並び、歯の軸の施術などもしている。

生え変わり時期(主に小学生)には、当院は「全身のバランスと歯との関係」を診るようにしている。

最近、健康番組で「歯の矯正トラブルが数多く見られる」と言っていた。

矯正のトラブルというのは、最初に思い描いた矯正の変化と違ったり、当初よりも悪化したりする方もいるとのこと。

いつまでかかるかわからないことなどを述べていた。

歯医者さんは歯の専門家だが、歯だけでなく、歯との関係や口腔内との兼ね合いで身体を幅広く診ている先生もいると思う。実際歯医者さんも施術に来られるし、勉強会などでも交流することもある。

矯正トラブルを回避するには、骨格のバランスは重要だ。

当院の考え方では、歯と全身とのバランスで大事な場所・ポイントは「顎関節と骨盤との関係」だと思う。

左右にある顎関節と骨格上似ているような?場所がある。それは、「骨盤の仙腸関節」である。

ご来院の方(特に初回)で、その仙腸関節がずれている方は8割~9割に上る。

それは自覚症状(腰痛などの痛みなど)に関わらずである。

そして、仙腸関節のずれを治した後に咬み合わせの違和感が変化した方も結構多い。それくらい骨盤の仙腸関節は、顎関節への影響がある。

それが骨盤と顎関節の共通点ではないかと思う。

仙腸関節は、特に骨盤より上の身体の負荷を支える。骨盤の上に背骨や内臓が収まり、そして脳につながる。

顎関節は、奥歯の負荷がかかりやすいところであり、その奥歯の役割と似ている身体の部位は腰椎、仙骨だろう。

地球で生活している限り「重力」はかかる

Qtopia癒療院の場合は、骨盤の仙腸関節の施術は大体の方は一回で変化することが多い。一回で顎関節まで片付いてしまう方も中にはいる。

少なくとも仙腸関節が整うと、歯の矯正にも変化が出たり矯正の回数が減ったりする可能性もあるかもしれない。

また、内臓と歯と背骨との関係性は、「このやり方をすれば間違いなく良くなる」という単一のやり方は徒手療法にはないのではないか?と思う。それぞれの関係性を見て調整していくことが遠回りのようで近道なのかもしれない。

遠隔でテニス肘に使った「ホムンクルス」

今回は題名にある「ホムンクルス」の感覚を遠隔施術で用いてみた。

依頼の方は遠隔地の方で「テニス肘」がなかなか良くならなくて・・・という症状だった。

テニス肘は肘の外側にある「短橈骨手根伸筋」に起こる炎症だが、テニスをするしないに関わらず、使用頻度が高くなると炎症を起こすおとがある。多くの方が整形外科・接骨院などに通い手当されていると思う。以前勤めていたクリニックにもその有資格者が在籍したことから、どのようなことでテニス肘が治りにくいのかは周知している。

依頼者は遠隔でも再三施術をしている方だが、肘の使用頻度を減らしてもらっても大きな変化がみられなかった。

何か違ったアプローチは・・・・?と考えていたところだった。

そういえば・・・「こういう時にこそ使うとっておきのアプローチ」があった。!!

解剖生理学の教科書、書籍などの医学書の「片隅」に大きな手や大きな唇の一風変わった人形の写真があったけど、それが何を意味しているのかが、正直わからなかった。

 

ホムンクルスとは Wikipedia参照

 ホムンクルス ( ラテン語: Homunculus: 小人の意 [1] )とは、体性感覚おいて脳機能局在論による脳皮質の該当区分のこと。

体の各部位からの入力が、感覚皮質のどの部分に投射 (projection) されているかを示したもの。描かれている顔や体の絵は、各部位からの入力が、どれぐらいの領域に投射されているのか、その面積比を表している。これは人間の体の形とは大きく異なり、唇や顔、手などから入力を受ける面積は大きく、背中や尻などから入力を受ける面積は小さい。こうした面積の大小がそれぞれの感覚の繊細さに対応している。

それを肘と脳に使ったところテニス肘の痛みは軽減した。ちなみに肘自体には特に特別な施術はしていない。

おそらく接骨院・整形外科にテニス肘で通われている方、プレイヤーや部活動などで行っている方が沢山いると思う。そしてなかなか治らなくて困っている方がいると思う。お力になれればと思う。

TOP 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11