あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

Qtopia癒療院の妊娠・出産・産後のケア

不妊でお悩みの方、妊娠中のお腹の調整(逆子も含む)、産後の赤ちゃん、お母さんの状態の調整などにどれだけ結果を出してきただろう?

妊娠希望の方に限って言えば、一昨年は9組、今年は少なめの4組のご家族のお役に立てた。

今までの経験、結果を元に、より確率を上げて、幸せな家庭を作るお役に立てるように努めたいと思っている。

妊娠中の調整はできる限りした方が良いと思う。なぜなら、産婦人科医でも助産師でも「この時期には必ずこうなる」や、「このパターンは必ずこうなる」というような定説が無いからだ。例えば、わが家の長男の時は、予定日から3週間早く、2人目の長女は1週間遅く生まれた。私の知り合いの助産師さん数人に聞いても必ずこの周期にはこうなります・・・・というものがないと言っていた。だからと言って何もケアはしないという人もいるが、それは違うと思う。極力納得のいくケアをしてあげることが望ましいと思う。

当院であれば、お母さんの脳、頭蓋骨、頸椎、骨盤(仙骨も)、腰椎、骨盤隔膜、横隔膜を定期的にケアした方が良いと思う。オステオパシーの施術と術者は身体の変化に対して観察力は敏感。関節の緩み方、緊張の有無、肌の色、体温など妊娠中も産後も産科医から何も言われなければ、特別何もしない・・・というお母さんは非常に残念。毎日大きくなったり変化がある時期なので(特に後期になれば)妊娠中のケアはした方がいい。さらに、産後の調整は実はすごく大事なのだが、その重要性を理解している方は少ない。

産後のケアは早い方がいい。出産で子宮の軸がズレたりして強い痛みが持続する方もいる。病院だと痛みに対しては薬剤オンリーになるだろう。出産という大仕事をやり遂げて一段落だが、ホルモンのアンバランス、冷え、婦人科臓器の状態などを考えると産後の調整は非常に重要である。授乳姿勢が腰椎、股関節に与える影響まで考えると、もう少しケアをしてあげても・・・と感じる方も少なくない。状態の変化も人それぞれ違うので、当院では患者さんによって次回はこのくらいにチェックをしましょう!と必要な期間を告げる。

 

また、妊活期での私の施術で、伝家の宝刀と言っても過言ではない骨盤調整内臓特に小腸・大腸腸間膜根)は、足も含む下半身の血流・リンパの鬱滞の改善、骨盤隔膜と関節の調整など、腰椎と骨盤との関係など、出産、産後の調整を見据えて考えると母体だけ見てもこれだけのチェックポイントがある。しかし、残念なことに、病院や産婦人科、助産院には「手を使って」診たり施術をするスペシャリストの方は少ない。医師、助産師は「出産」には詳しいが、妊娠中の調整、産後のケア、赤ちゃんについては実は詳しく知らない先生が多い。以前、相当数の出産に携わっている大ベテラン助産師さんが「妊娠中は私の範囲だけど、赤ちゃんには全く興味ないわ」と看護師(助産師の卵)に言っていた!と聞いて、正直愕然とした。

生命に関わる仕事に範囲を限定するなんて私の価値観には無いなと感じた。

産後の赤ちゃんは出産の影響で頭蓋骨・骨盤・横隔膜(呼吸)がかなり締め付けられるため、うまく機能できていない子も少なくない。時間が経てば正常になるだろう!お医者さんも何も言っていないし・・・とおそらく多くの方がそうなのでは?赤ちゃんの股関節は3か月健診では問題ないって...という赤ちゃんで股関節の異常を何例も見つけている。呼吸がうまくできない子も同様。

Qtopia癒療院では「家族」の幸せをバックアップしたいと切に思っている。

産後すぐに調整できなかったお母さん、お子さんも、時期を逃したから調整できないということはない。チェックしていない子はそのまま残っていることが多い(横隔膜、股関節、頭蓋骨に残る出産の時の締め付け等。)ので、ぜひご来院いただけたらと思う。

横浜マラソン2018に出場しました

10月28日(日)横浜マラソン(フルマラソン42.195キロ)に出場し、完走しました。

前回は2年前で4時間16分。市民ランナーが目指す方が多いのはサブ4(4時間以内)なので前回は届かず。今回は脳出血の後遺症がまだあるため、せいぜい完走レベルで無理はしない程度で参加した。

今回出場して感じたことは、ボランティアのスタッフの存在のありがたみだった。私はいまだに耳では聞こえるものの、理解の弱さは否めない。書いてあることはわかるため、「書いていただいてもよろしいですか?」と断りを入れないと通じないのだ。

その中で担当してくれた方が親切にスタートまで面倒を見てくださり、本当に助かった。また、沿道にいらっしゃる方々の声援がとても嬉しく、エネルギーをいただきました。個人の記録くらいしか今まで気にするものがなかった者が、今回は状況だけに、楽しんでの参加に切り替えたのだ。なので今回のタイムはは5時間強だった。

ゆっくり走れたぶん、コースでのポイントはわかってきた。来年は脳の回復はさらに進んでいるので、来年は何とかサブ4で完走できる喜びに浸りたいと思う。

20181030 819.JPGのサムネイル画像20181030 820.JPGのサムネイル画像20181030 831.JPGのサムネイル画像→【丸い方が昨年中止になったメダル。四角い方が今回18年の参加メダル。】

まさか・・・! 治らない原因をつくっていたのは・・・?

何度もブログに書いていることだが、私はいまだに脳出血後遺症で悩んでいる。そして、京都で開業されている小村カイロプラクティック・オステオパシーで、つい先日も施術を受けてきた。

その甲斐もあり、かなり好転してきて、聞こえやすくなりつつあるのだが、あともう少しで脳から「yes」とゴーサインが出そうなんだけど・・・まだ・・・と焦る日々が続いている。

皮膚などの細胞が傷ついたときの修復は早いのだが、神経細胞、特に脳細胞にダメージを受けたときはさすがに、時間を待つしかない。

だが、なかなか治っていかない原因を作っているのは、もしかしたら「この状況を楽しめていない自分」なのかもしれないということに気付いたのだ。

もともと自分には、くそまじめな一面があり、今はこの治癒過程の妨害となっているのかもしれない。

治っていくことばかりにフォーカスしすぎず、そこは気にせずに楽しく生活をすればいい。

スポーツ界や各種指導者の方が、「楽しめているか?」というフレーズを聞くことが多い。

だが実のところ、人生、生活、仕事などシリアスな物事について、真に「楽しめているか??」という問いに対しては、多くの方が楽しんでいる「フリ」なのじゃないかなと思ってしまう。楽しむ暇なんてどこにもないと怒ってしまう方も沢山いるだろう。

私自身、真に楽しめているかどうかの「基準」は、「心から」「嬉しい、楽しい、大好き、ありがとう、幸せ、最高」などの肯定的な言葉が自然と口から出て来ることなのだと思う。

治る、治すことはさておき、毎日の日々をお陰様で!と感謝を持って送れれば自然と答えが返ってくるだろう (^^)

そういう意味では、脳細胞のシナプス結合の新ルートをどんどん作っていって、会話することを怖がらずに笑いながらできるようになれば、脳の「聞こえ方」のスピードが上がるかもしれない。

今回の私のように、普段は施術をしている者が「聞こえなくなって」経験した立場の違い、「施術者」が「患者」になった場合にどんな変化が起き、そしてどんなことが自分の完全復活に必要なのか?考えるほど楽しみでワクワク感が止まらない。

自律神経の過緊張を緩めよう

自律神経は、呼吸、体温調節、血液の脈拍などホメオスターシを司っている。ホメオスターシスとは、生体恒常性のことで、環境が変化しても体の状態を一定に保ち続けようとすることである。

アトピーで掻いてしまうことは自律神経と関係しているが、多いのは自律神経の「過緊張」。他に、両親、兄弟、祖父母など「家系」にも関係している。生真面目なお父さん、時間にキッチリしすぎている、「これはこうあるべきだ」などの発言が多いお父さんなどはその子の人格形成などにも影響してしまう。

オステオパシーをしていて感じることは、脊髄・脳を守っている「硬膜」の緊張の強い方は、脳や内臓にも影響する。その緊張がアトピーに出たりアレルギー鼻炎に出たりする。

家庭でできることと言えば、たくさん咀嚼をすることだと思う。咀嚼の回数が増える→唾液が良く出る→顎関節、咀嚼筋を使うようになる→頭蓋骨・硬膜の緊張が緩む。だから当院では、ご来院の方に、一口当たり30~50回、数を数えてから飲みこんでくださいとお伝えする事が多い。50回は咀嚼筋が疲れてくるあたりだ。時間が無い方は噛むスピードを上げて噛んでくださいね。噛むことはとてもとても大事。

さらに、硬膜の消化臓器に関係した場所が緩むことで、臓器自体も本来の動きが取り戻せるだろう。

因みにうちの息子のアトピーは、今は8割方改善した。

何をしたかと言うと、毎晩寝る前のオステオパシーの施術だ。もちろん硬膜・自律神経も関係していたから、父ちゃんの出番だ!とばかりに毎晩の施術。

痒みで寝れなくなる息子。掻いてほしいと言われる妻。私は毎晩ルーティンで二人の施術。今年に入ってからようやく痒みから抜けられるようになり、深い睡眠をとることができ、そのことがどれほどありがたいことなのかと感じている。

オステオパシーの「とても短い説明」!!!

オステオパシーに携わり、かれこれ20年になる。オステオパシーを一言で説明するのに、知り合い、友人、家族にこれで簡単に伝わる!!というのが出来ずにいる。それでもどうにか伝えたくて、当院にいらしていただいている患者さん、知り合いの方々に向けて、

本気に考えてみることにした。

 

「アメリカ発祥の医師が行う整体」  

 これでいかがでしょう!!

細かく内容を言えば言うほど、長く難しくなる。けれど、「オステオパシーってなに?」と世間話をしている時に、ニュアンス中心に、人から人に伝わりやすく最短でわかりやすく!を優先して考えたところ、こうなりました。しばらくこのキャッチフレーズで広めていこうと思う。

オステオパシーはアメリカ発祥であるが、現在ヨーロッパの方が腕の良い先生たちが多いようだ。

少なくてもアジア、東洋系ではない。(患者さんで多くの方は、手を使う施術が多いからだと思われるが、東洋医学と勘違いされることが多い。)しかし、西洋医学であり、アメリカ発祥であり、ヨーロッパに一番広まっている。実際、フランス・イギリス・ロシア・イタリアなどに行かれた患者さんから、本場で活躍されている先生の治療の話を聞いたりもする。

オステオパシーとは何か、ざっくりではありますが、「アメリカ発祥の医師が行う整体」と覚えてください。

TOP 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

院長紹介

inntyo.jpg

オステパシー&ホリスティックセラピー

Qtopia癒療院 院長 木内たかお

banner05.png