あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

家族への貢献

私は、原家族~家族を含めると、実に何回も色々なケースで治療してきている。治療家という職業の中でも家族への治療を重視していない方がいないわけではないのですが、私は家族への貢献度は高く、妊娠中、出産時はもちろん、両親、妻、子どもに対して日常的に施術している。子どもが転んだりした時、妻の疲れが溜まっている時、加齢に伴い不調が出ている両親に対し施術するのが当たり前になっている。まずは家族の健康維持・管理を最優先に考えている。

また、この冬1月~2月だけ見ても風邪・インフルエンザ・花粉症の冬に良く起こるパターンの患者さんが来院されたので、そのことに対して施術をし、今後に備えられた。

冬の風邪・インフルエンザは、すごく単純で大切な考え方で、しっかり風邪に「かかる」ということが大事なのである。

私は普段は風邪をひいたりすることはほとんどないのだが、普段ひかない風邪をひき、しっかり風邪にかかることによって免疫が上がり、すごく元気になった。たまたまひいたものでも、この時期にかかった風邪にありがたさを感じるのである。

スピリチュアルな雑学~人と神と人体と~

一時のブームほどの熱狂ぶりではなくなってきたが、パワースポット巡りや聖地巡礼はまだ続いてますよね?

神社(神道系)と妊娠出産の意外な関係について。以前たまプラーザのウテロさんで行った体験会でお話しした雑学話。

人間のエネルギーが一年で一番高まるのが7と言われている。

7月周辺に夏祭りが多い。

日本は農耕民族だからきるには五穀豊穣を願うわけである。農作物の収穫は天候の影響をモロに受けるわけなので、富と天候は密接なのである。

神棚や神社の鳥居によくみる白いギザギザに折った紙・・・あれは紙垂(しで)と言って、意味は諸説あるが三つほど。

一つの意味は「稲妻」を意味している。昔から雷が沢山落ちると豊作になると言われていた。

もう一つの意味は「陰毛」なのである。

は?と思われる方も多いと思いますが

これを聞けば納得すると思う。

まず「」とは建物・場所を表す。

子が宿るから「子宮

では神が宿る所は?・・・「神宮

神宮で境内は「子宮」を表す。

鳥居をくぐると参道に入る。参道?あれ?参道?・・・同じ音で参道!!赤ちゃんは昔から神そのもの、神が通る道だから参道(産道)。


参道を通っていくとあるのが鳥居。鳥居は聖域を表す。ここから向こうは神様の場所、ここから手前は人間の場所というしるし。

子宮の入り女性器。女性器ののシンボルが鳥居。

だから聖域を表す毛=紙垂。

確かに陰毛は紙垂のようにギザギザに曲がっている。

じゃあ男性は? 神輿(みこし)男性器を表す。

神輿を担いでエイサ!ホイサ!と鳥居をくぐり、直線運動ではなく前後に行ったり来たりと・・・というわけで子孫繁栄のエネルギーを高めろというのである。白く、ごにょごにょと曲がった・・・。だから紙垂の三つ目の意味は「精子」を表す。

子宝の「」の語源が「田から」からきていると聞いたことがある。

そうして子孫繁栄・五穀豊穣を神を介して祈っていたのでしょう。ちなみに当院では2015年7月だけで5組の方のご懐妊に貢献することができました。

アトピー性皮膚炎 当院での施術のお話し

私が社会人になった頃(約20年前)から見て、医学界にしても治療業界にしても変化があることとないことがわかってきた。

変化がないことと言えば、アトピー性皮膚炎を「ステロイドで抑える?きれいになったかのようにする?」ことをいまだしていること。

その結果として肌が黒くなってしまっている方を見かける。ステロイドを長く処方されたり痒みの対処に長い期間かけてしまった方。

肌が赤いのは炎症している状態。「皮膚炎」の「炎症」の部分だろう。今までの経験としてわかってきたことは、肝臓がオーバーユースで解毒ができなくなると皮膚の表面に熱を持って赤く出る。そしてかゆみを伴うので掻きたくなる。。

そして睡眠や自律神経が乱れる。患者さん側からすれば、とりあえずかゆみが治まってほしい、一時的に肌が楽になれば・・・と考えステロイドを用いるのもわからないこともない。ここで肝臓と腸とが関係する。腸で吸収すべき毒素が粘膜に穴が開き漏れ(リーキーガット症候群)、全身を巡って、肝臓がオーバーユースして解毒できなくなり、皮膚に症状が出るわけである。

当院ではフィシオエナジェティックを用い、今体がどういう状態になってしまっていて、何をするべきかを「体に聴き」取り組んでいただく。

実際フィシオエナジェティックによるアトピー性皮膚炎の改善率は高い。サプリメントや健康食品と体との相性まで「体に聴く」ので、色々な食品・サプリメント等をやぶからぼうに買ったりしないで済む。もちろんリーキーガットの原因から調べるので、腸粘膜を修復をするものは何が良いかも調べる。よく「あれは体に良いよ!」という情報だけで飛びついても「ちっとも変わらない!」と言う方がいるが、その人の体に良いかどうかはわからない。当院では、体に合っているかどうか?のところまで調べるので納得がいく。

 

 

 

 

ブログな日々

明けましておめでとうございます。

11月に退院したものの、そんなに急に患者さんでいっぱいになることはないので、しばらくはブログの更新をして、普段触れないお話しをしていくことにしよう。

今でもリハビリには通っているが、7月に大脳の出血がありダメージを受けたため「私の聞こえ」「話し方」「目」と三か所に問題がでてしまったのですが、

有難いことにパソコンで文字にして表現する能力は残っている。

(漢字の書き取り課題を相当数やって脳を活性させた。)そうこうしているうちに、自分の脳で言葉がだんだん理解できるようになってきている。

病院でもリハビリの担当さんが「書き取りの正答率が上がり、聞き取りも良くなっている」とのこと。

私の感覚では1月12日現在で80%くらいの回復レベルかなと思う。この数値では表現が非常に難しい。「聞こえ」をとっても日によって差があるし、声のトーンや話し方によって理解できる分量が変化するので、この80%というイメージは私の感覚と他者ではズレがあるかもしれない。

もともと苦手なことは回復レベルを考えるときには置いといて、施術をする「手」や「指の感覚」は脳出血の影響が無かったことは本当にありがたい。

入院当初の私の状態の話を聞くと

「生死か、障害が残るか?」くらいの心配をしていたらしいので、仕事ができるというのは、ありがたいことこの上なしである。

残念ながら降圧剤を手放せない状況は変わらないけれども、これくらいの症状で済むのであればよしとしないとね?

しかし、私の体がどんどんよくなってきていることから考えると、人間の回復力には驚く。

目の不調だけ見てもだいぶ問題が減ってきている。

耳(聞こえ)は、私はもともと地獄耳なくらい聞こえるので、耳で聞くことより脳での理解、反応がどのくらい良くなっているかが回復度合いをみるには必要である。リハビリの成果を感じられる。

このペースで行けば、3月頃にはかなりよくなって、息子の卒園式・小学校の入学式に出られるかも!

こんなことでさえ、私のような経験をしていると些細なことが「希望」になる。

あれができない、これができないという、ないないずくしだったのが

できるかもしれない」に変わったとたん、閉まった扉から光が漏れて、笑顔と希望へと変わる。

 


施術師の私が、患者になり、カムバックを経験すると、些細なことでも心に刺さる。何ともない時にはいつもしている何気ない当たり前の事が、病気を期に一瞬にして悪夢に落ちる。命ある毎日の積み重ねが、一瞬の積み重ね全てが奇跡の連続なのだと改めて強く感じた。

体が不自由になって、辛さ・しんどさ・尊さを、身に染みて感じている。半年近く自分の声に耳を澄ませ聴いてきた。たくさんの症状があり、治癒過程ではしんどかったが、からだの至る場所がどうやって治っていくのか感じ、体験させてもらった。

1月10日(火)ついに再オープンを迎えました!!

ようやくこの日がやってまいりました。 長かった。 ホントに、長かった。お久しぶりの方もいらっしゃいますよね。ですから、いつもよりゆっくりお話ししながら久々の施術を味わっていただければと思う次第でございます。 前にアップしました情報を参考にしていただければと思いますが、脳の問題は、気にされればあるかなあ?ということでしょうか?個人的には、随分改善してきた感じはあります。 妻は、しゃべること、聞くこと、見ることなどがまだ回復途上だと感じているようです。(妻が患者さんとの間に入ってメモをさせていただく場合がありますことをご了承いただければと思います) 自分としては、今までのようなつもりではいますけど・・・いわゆる普通以上を期待される方もいますが、少しずつできることを増やしていく予定ですので、よろしくお願いいたします。ご予約お待ちしております。
TOP 前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

院長紹介

inntyo.jpg

オステパシー&ホリスティックセラピー

Qtopia癒療院 院長 木内たかお

banner05.png