あざみ野駅と江田駅間の住宅街にある隠れ家的な治療院【オステオパシー・ホリスティックセラピー・カイロプラクティック】の院長木内のブログです。

ago.gif

「感謝すること」「感謝されること」・・・遠隔の実感を通じて

感謝・・・・・ここ数年で感謝に関する本・講演する方が随分と増えた。

私自身も感謝することは習慣にしている。

多くの方が言う ・使っていることも感じる。

「感謝すること」は日本では、「ありがとうございます」という言葉で表すことが当たり前になってきている。

先日、遠隔ヒーリング(遠隔5日間コース)を受けて寛解された方の、最終日にメールに書いてあったことで、

もともとは体力もあったが、申し込んだ当時は「頭では身体はおかしくないはず」と感じていて、問題にしてもいなかった様子だった。それが、呼吸もまともにできていない、疲労が取れない・・・気づいたときには腰は丸まり左右の位置もおかしいとあり、何から建て直せばよいかわからなくなっていた

この方はメールを読む限り、期待以上の改善に心から喜んでいることをこちらに伝えたいということが、文面からヒシヒシと感じられた。感謝している気持ちを心底伝えたいという思いを私が受け取った。「感謝されること」の嬉しさや喜びは、自分の感謝の気持ちが湧く経験に比べると、10倍以上、いや比べものにならないくらい大きいなと実感した。

 

この方は、最初、私の採点では「良くも悪くもない」を「」としたら、10点満点のマイナス5点だった。

それを日に日に取り戻して、5日間終わったときに、ようやく「プラマイゼロ」になった。確かにそこまで落ちていたことで、私が見て「0」だとしても、マイナスから比べたら「とても元気になった」ように感じるのかもしれない。

実は、そこからが当院の施術の腕の見せ所だったりするのです。継続して受けていただけるとわかります(^^)

一般的には「調子の悪い時にかかるのが施術院だと思っている方」が多いが、良い状態を一定の期間キープするのが非常に大事なのだ。

ちなみに、この遠隔ヒーリング5日間コースは非常に好評。朝寝ている間に施術を受けることができ、5日間で納得できる回復をなさる方が多いこと。今回のようにマイナスがプラマイゼロになるだけでも楽になるだろう。

このコースは朝起きるのが苦手な方、施術受けるのに通院する時間がない方、施術を受けるのに施術者の前に顔を出すのが苦手な方、遠方なので・・・➡距離は関係ありません。今のところ、東北や九州からも依頼がありました。(過去には海外からも)

 

多くの方が施術院にかかるときは、調子が悪い時、または自覚症状が改善し楽になることが目的の方が多い。

つまり、マイナスな状態であること→プラマイゼロを目指す方が多いが、私生活がハードな方、そうなる前の準備、体質的に改善に時間がかかる傾向のある方、またはプラマイゼロをキープするために受けたい方は、初めから二週間に一度のペースが良いと思う。私の今までの多くの方の施術に携わってきた経験上だ。もちろん初回・久しぶりの方は身体を立て直す組み立てがあるので、もっと施術が必要になる可能性もある。

多くの方の健康に関与できることは、私の喜びであり、いつも感謝している。

好評の早朝遠隔ヒーリング

今年一年を通じて多くの方にご利用いただいている「遠隔ヒーリング

何が良かったのかを振り返って、患者さんの声を載せてみる。

〇早朝の、まだ寝ている時間帯に施術してもらえる。(4時台から受けられるのは助かる。)

〇幼児・赤ちゃんの治療に、連れていくのが一苦労。それがわが家にいるときに受けられるのがいい。

〇親子で受けたいが、施術院で受ける場合に子どもが待てないこともある。遠隔ヒーリングなら待ち時間なし。

〇子供が施術中に椅子に座ってじっとすることができないので、家で受けられるのが助かる。

〇祖父母の施術を受けるために連れていく際の心配や手間が省けるのが楽!

〇寝ている状態で受けて、術後の変化をメールでやり取りできるから身体の変化が詳細に聞ける!

〇遠隔地であっても受けられるので、長い距離を移動したりする手間がいらない。

ちなみに、木内の体質が元々早起きなことを利用したプランのため、患者さんは気遣いがいりません!

距離の制約がなく、時間を気にすることがありません。

メールのやりとりは時間があるときで構いません。

これからお子さんたち、学生さんは冬休み~春休み。その間に治しておきたい方も多いのでは?

脳内出血とリハビリ

もう四年になるが、四年前に私は脳内出血をした。そして今に至る。

有難いことに仕事もできている。

入院していた当時は、会話もできない、笑うこともできない(感情が出ない)、歌も歌えない。

今は、見た目には発症前と変わらないように見えると言う方は多い。

それくらい回復はしてきている。

退院後から、リハビリも兼ねて洗濯は私の担当だ。家族全員の洗濯物を干す、畳むは私の日課になっている。以前は目?視神経か間脳の影響もあり、シャツを畳んだ時に少し曲がってしまうこともあったが、この頃は随分きれいにできるようになった。やり直すことが減っている。

高次脳機能障害があるとは言え、健常者と同じようにあらゆることができるようになりたいと思うし、そうありたいと目指している。

この記事は、病院ではリハビリのスタッフさんたちが脳疾患に対してどのようなことをするのかを書いてみようと思う。

理学療法士さん、作業療法士さんなどが計画を立て、それに沿って決められた作業や動きをする。

おそらく、その患者さんの回復度合いや状態を見て、足りないところを補うための動作なり練習をしているのだと思う。何が出来て何が出来ない、というのを細かくチェックする。

筋力、バランス、判断力など脳が関与している場所がかなりあるため、私自身、仕事をする上でも参考になる。

「見る・聞く・話す」が円滑にできるか?は脳に大きく影響していて、私の場合はこの3つが全滅だったため、長期間不自由を感じている。

私のしている施術と、病院のリハビリの目標設定は違う。病院は、退院後にリハビリを受けられる期間が決まっている。保険が効く、効かないということもあるかもしれないが、どの段階を「寛解」と呼ぶのか、どの段階なら「退院」できるのか。「完治」とは、どのような状態を示すのか。

身体的な不自由さが伴えば、リハビリ期間は長期になるのかもしれないが、私の場合、麻痺はほぼ残らなかったので、日常生活を送ることがリハビリになるとのことで退院できた。ただ、今でも不便を感じることはある。「完治」とは言えないだろう。

身体的な後遺症がある場合は、日常生活がままならない方も多い。

脳の問題で入院された方の場合、病院ではもうすることがない、リハビリを受けるほどの状態ではないと言われるが、筋肉のこわばりなどでお困りの方もいらっしゃる。そういう方は、退院後もオステオパシーや鍼灸院に通ったりしている方もいる。それを思うと、手技療法などの自由診療と病院のリハビリの差を感じる。疾患の大小の差はかなりあるが、後遺症が残る方はいて、入院時はその疾患の最低限のことをリハビリするわけだ。その後も継続してケアを受けられるわけではないのが病院だろうと思う。診察はするが、治療はしない。治療のためには、別の手段を探さなければならない。そういう意味では、当院につながっていただけるとお役に立てることは多いと感じている。大いにご活用いただきたい。

化学物質過敏か?嗅覚の問題か?電車のシートで吐き気がある

先日、電車に乗って当院に向かう途中、電車の中で気持ち悪くなってしまった子がいた。

嗅覚の問題か、化学物質の問題か、身体に聴いてみると、嗅覚のようだ。

電車の中はこのご時世、強い薬剤を使って消毒をまめにしていたりするので、その残留もあるだろう。

シートに染み付いた臭い、乗車している人の服に付いている柔軟剤などの臭いも、複数合わさればかなり強烈だ。

換気(送風)している外気の臭いなんかもあるだろう。

嗅覚を考えた時に、気になる項目はいくつも挙がる。

実際、電車のシートの臭いか、化学物質の臭いか、どちらかがその子にとっては受け付けないのだ。

臭いに敏感な方、お子さま、HSP(Highly Sensitive Person)の方は、こういう類の臭いを受け付けない方も多いのではないだろうか。

嗅神経だとすれば、前頭葉も調整すること、または化学物過敏症のもとになっている脳の場所か、刺激しているものに対処していけば、乗り越えられる可能性がある。

「香害」という言葉があるように、柔軟剤、香料、香水は、自分が好んで使っている人は強い臭いでも気にならないかもしれないが、周囲の人で苦手に感じたり体調が悪くなってしまう人がいることも想像して、配慮が必要だと感じる。そういう人が増えているから、他人事では済まないだろう。ある日突然、ひどい症状に見舞われることもある。

当院でのアプローチで言えば、オステオパシーで身体への施術で取れる方もいれば、化学物質過敏症について「フィシオエナジェティック」で調べていくことも可能だ。

ケルセチンはご存じですか?

ケルセチン・・・タマネギの皮に含まれるフラボノイド。抗酸化作用を持つ。黄色っぽい色素が含まれるらしい。

そして、その皮を煎じたりお茶にして吸収すると、どろどろの血をサラサラにしてくれる。

サプリメントもある。ぜひ活用してみたい成分である

画像はネットより拝借しました。

TOP 前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11